"髪質改善"で本来の美しい大人の女性に|Arbre et chimie(アルブル エト シミー)|"髪質改善"で本来の美しい大人の女性に|東村山駅東口徒歩1分|Arbre et chimie(アルブル エト シミー)

  • HOME
  • BLOG
  • "髪質改善"で本来の美しい大人の女性に|Arbre et chimie(アルブル エト シミー)|"髪質改善"で本来の美しい大人の女性に|東村山駅東口徒歩1分|Arbre et chimie(アルブル エト シミー)

髪のダメージってどういう状態なのか

こんにちは!

東村山で一番髪質改善に力を入れているArbre et chimie代表の竹松です(/・ω・)/

 

本日は髪のダメージについてのお話です!!!

髪のダメージの正体は?

【システイン酸】
これが髪のダメージの指標といわれています。
これが多いとダメージ毛ということです!

髪の毛は、s-s結合というもので主に形を保っています。

このs-sが形を保っている時はいいのですが、これが活性酸素により過剰に酸化されると、ちがう分子配列になってしまいます。それがシステイン酸です。

これは

パーマなどでs-s結合をいじったとき&2液を放置しすぎた時
カラーの2剤
紫外線を浴びた時
主にこんな時発生します(._.)

これが髪の中で増えると髪にハリ・コシがなくなります...

抗酸化成分が大事
ということで活性酸素に対抗しましょうってことで、抗酸化成分を髪にも付けてあげることが大事です。

これがヘアトリートメントに必要な要素その1です。

活性酸素は多くの場合、体にもとても良くないので、抗酸化性のある食べ物をたべることは、病気の予防や老化予防にもとっても大事です。

手軽に手に入り、効果が高いはトマトですかね(^-^)

 

疎水と親水

・疎水=水になじみにくく油となじみやすい。
・親水=水となじみ、油を嫌う。
ダメージ毛は親水毛


キューティクルは1番表面に水を弾く性質の部分が多く、ダメージしてそれがなくなると親水部分が露出してきます。

だからダメージしてくると髪は水を吸うようになり、乾きにくくなるんですね。


サロントリートメントでは疎水化することも大事です。
ちなみに疎水同士はくっつく。=髪はきしむ。
にもなりますのでその後の油分補給はしっかりします(‘◇’)ゞ

 

余談ですが


水にはカルシウムイオンが含まれています。いわゆる水アカになるものですね。
硬水になればなるほど多くなります。だから海外に住むと髪が固く感じます。

銅イオンを取り除くヘアカラーが近年話題ですが、圧倒的に髪にはカルシウムイオンが付着しています。
これを取り除く、または封鎖してあげると質感が柔らかく手触りも良くなります。

ただ、毎日の生活でまた付着していくので、追いかけっこ状態にはなってしまいます。

まとめ

ダメージケアをしていくにはまずはなにで髪の毛がダメージを受けるのかを知ることも大事です。

また、

それを知ったうえで信頼できる美容師さんに適切なダメージケアをおこなってもらいましょう!

ご相談ご予約は☆

ご来店前にご相談ができる

公式LINEをご用意しております!

ご登録されると

無料相談や直接ご予約を承ることもできます(^^♪

また、

友達追加するだけなら、こちらにはお客様の情報は一切わからないので安心してまずは登録だけでもお願いします!

ID検索は

@arbre1103  

必ず@←マークを付けてご検索ください♪

友だち追加

ネットからのご予約は

または

ご相談/ご予約お待ちしております(^^♪

《Arbre et chimie 東村山 美容院 アイラッシュ/ネイル》

東京都東村山本町2-3-71伊わ多ビル4FA

TEL042-306-1005

OPEN9:00~19:00